宅地建物取引士とは?

image_g_ts
宅地建物取引士(宅建取引士)とは、宅地建物取引士試験に合格した上で、資格登録(2年の実務経験または免除講習が必要)をし宅建取引士証の交付を受けている方のことをいいます。
※有効期間は5年です。

専任の宅建取引士とは?

宅建取引士は、専任の取引士とそれ以外として一般の取引士に分けることができます。

どちらも業務内容としては同じですが、専任の取引士は、業務に従事する状態が事務所ごとに「専任」でなければなりません。

①専任制の要件

  1. 他の法人の代表取締役、代表者または常勤役員でなく、他の会社の会社員や公務員でないこと
  2. 事務所の営業時間に勤務していること
  3. 通常の通勤が可能な場所に住んでいること

②専任の取引士の数

専任の取引士は、一つの事務所において宅建業に従事する者5名に1名以上の配置が義務づけられています。

また、専任の取引士は成年者である必要があり、人数が不足した場合は2週間以内に補充しなければなりません。

③宅建業免許申請の前にやっておくこと

宅建業の免許申請の際には、専任の取引士は、「宅建取引士資格登録簿」に勤務先名が登録されていない状態であることが必要になります。

「宅建取士資格登録簿」は、会社が行う専任の取引士の変更届出がされても、その変更届出によっては自動的に変更されません。

会社などを退社して独立する場合など登録事項に変更があった場合には取引士本人が、「宅建取引主任者資格登録簿」の変更申請を行い、登録されていない状態にする必要があります

ひかり行政書士法人では、初回無料の不動産業開業や宅建業免許の諸手続きに関する相談会を実施していますので、まずはお気軽にお電話ください。

不動産業での独立・開業の支援や、宅建業免許の各種申請につきましては、京都府、滋賀県を中心に、大阪府、兵庫県、奈良県など多数サポート実績がございます。

メールでのお問い合せは24時間承っております。返信には2,3営業日かかる可能性がございますので、お急ぎの方はお電話でご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

希望連絡先(必須)
メールに返信電話に連絡

対応地域(必須)

メッセージ本文

宅建業免許(知事)の申請代行
宅建業免許(大臣)の申請代行
不動産会社の設立代行

ページトップへ戻る