宅建業免許の区分と有効期間

image_g_yk

宅建業免許の種類と区分

宅建業免許の種類には、個人に与える個人免許と、会社に与える法人免許があり、その個人又は法人専属の免許であり、相続や売買はできません。

免許の区分には、一つの都道府県内のみに事務所を構えて営業する場合の都道府県知事の免許と、複数の都道府県にまたがって事務所を構えて営業する場合の国土交通大臣の免許があります。

また法人、個人のどちらでも知事免許・大臣免許を取得することができます。

免許権者 2以上の都道府県に事務所を設置 1つの都道府県に事務所に設置
法人・個人 法人・個人
国土交通大臣
都道府県知事

宅建業免許の有効期間

宅建業の免許の有効期間は5年です。

この間に申請事項の変更があれば届出が義務付けられています。

また、5年以降引き続き宅建業を営もうとする場合は、有効期間が満了する90日前から30日前までに、免許の更新申請を済まさなければなりません。

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

希望連絡先(必須)
メールに返信電話に連絡

対応地域(必須)

メッセージ本文

ページトップへ戻る